ROIDCORE  Personified Agent  Conversation ROBOT  Dynamic Artificial Intelligence
仮想人格:ロイドコア
ロイドコア (ROIDCORE) β版
話し言葉による知識の記憶と想起を実現した擬人化キャラクター

トップページ | このサイトについて | プライバシーと共有 | お問い合わせ | 会社情報 | 四方山話
最新情報 | ロイドコアとは | ホワイトレポート | 人格の仮想化技術 | 応用例のご案内
動的人工知能 | 感性と感情 | マインドマップ | 人工知能言語 | 会話ロボット | 記憶モデル
表層と深層 | 不気味の谷と不気味な文 | 教師あり/なし学習

 ■ ロイドコアのAI技術を用いた擬人化とは


■ 擬人化キャラクター/擬人化エージェントとは

 一般に人と人の対話のようなコミュニケーション、人の自発動作、人の刺激応答などを模倣した ロボットやシステムを擬人化エージェントと呼んでいます。ソフトウェアシステムの場合もあります。 ロボットの外観や動き、機能などもできる限り人に近づけて、人工の人化(擬人化)をします。
 ロイドコアはそれらの機能の内、コミュニケーションに特化した対話エージェントになります。 対話は音声だけではなく、いろいろな動作も含めたマルチモーダルな対話の場合もあります。
 また、人でない物や機械(概念の場合もあります)を人間に見立てることを擬人化と呼んでいます。 擬人化したキャラクターに性格を与え、会話できるようにする要素技術がロイドコアです。 イラストは擬人化キャラクターのイズです。
擬人化キャラクター:イズ


■ ロイドコア(ROIDCORE)とは

 ロイドコアは分り易く言えば「会話/対話ソフト」ですが、多くの最新技術が使われています。 ロイドコアはオリジナルな記憶モデルと自然言語処理(NLP)技術を駆使して、人と「話し言葉」で会話を行います。
 ロイドコアで作った擬人化キャラクターは人格/性格を持たせることが可能で、それに従って会話を実行します。 人格/性格と知識の推論のみで応答し、シナリオを必要としません。(使うことも可能です)
 一度に多くの人と個別の会話を同時進行させ、個人単位で独立に記憶・想起することができます。

擬人化キャラクター:小町  人格の仮想化技術により一台のサーバーに複数のエージェントが構築できます。 この技術により常識を複数のエージェントで共有できます。 同時会話のデータフローを排他的に同時処理できます。
 ロイドコアのデータ処理は独自のコネクションモデルにより高速に行います。
また記憶容量や同時会話の人数など理論的には上限はありません。 扱えるデータ形式も階層構造や一般の文章、URL、制御コマンドなど多彩で、特に制限はありません。 文法に数値演算などを組み込むことができるのでロボットの制御も可能です。
 ロイドコアは人工知能技術(AI技術)を用いて覚えた知識を基に推論を行うことができる汎用の擬人化キャラクター構築ユニットです。



 トップページに戻る
ROIDCORE  Copyright (C)2011-2015 Life Information Laboratory, Inc. All right reserved.